日本人のIELTS

日本人の自分が考えるIELTSの戦略と点数

三十路を超えてから英語を改めて学習することについて

各位、お疲れ様です。

IELTSについては自分の書きたいことは書ききったと思っておりますので、ここからは英語にまつわることを雑に書かせていただこうと思っておりますことあらかじめご了承ください。

続きを読む

Writingの勉強に使ったサイト・道具などなど

各位、お疲れ様です。

そろそろ自分の書こうと思うことも尽きてきてはおりますが、これまでのことを思い出しつつ、Writingの勉強に利用したサイトをいくつかご紹介さしあげようと思います。

続きを読む

英語は早口?いいえ、日本語とのリズムの違いです

各位、お疲れ様です。

IELTSブログとか言いつつ結局英語のブログになっており、大変遺憾とは存じますが、IELTSで書けることというのはそれほど多いわけではありませんので、特に問題はないかという認識です。

続きを読む

英語を上達させる上で大事なことは実は日本語!?

各位、お疲れ様です。

 

日々英語を研鑽すべく努力を惜しまない方々はかなりの数に上るのではと推察しております。

 

私も一時期は単語だ、多読だ、といかに自分を英語につけ込むかに腐心していた時期がございます。

 

当然そういうことも大事なのですが、英語をより広く使えるようになるには、実はご自身の話される日本語の質が大変重要であるという個人的な経験に基づく考えを書かせていただきたい次第です。

 

まず、いくら単語を覚えて大辞典丸々一冊覚えたとしても英語を話せない方は話せません。ですが、そういう方は英語だけではなく、実は日本語でも話すことが出来ないのです。

 

つまり、いくら英語の知識を詰め込んだとしても、ご自身が持つ日本語の表現力を超えることは無い、一方、日本語の表現力が豊富な人は少ない知識でも結構話せる、という事です。

 

そういうわけですので、英語を勉強される方は、ぜひ、ご自身の日本語をブラッシュアップされる事もお勧めしたいと思っております。

 

今回は短いエントリーとなりましたが、以上となります。

 

以上、よろしくお願い致します。

受験レポート:Speaking編

各位、お疲れ様です。

受験レポート遅ればせながら最後のエントリーとなります。今回はSpeakingです。IELTSでは事前の準備や学習も当然重要ですが、何よりも問題との相性もまた非常に重要であろう、という点についても申し上げておきます。

続きを読む

受験レポート:Writing編

各位、お疲れ様です。

今回は前回に引き続き、Writingの受験レポートです。Writingはコツさえつかめばある程度のフレームが出来上がるため、実は難易度とは裏腹にスコアを取りやすいという特徴がありますが、今回は6.0でした。

しかしながら今回の大目標はWriting6.0でしたので、小さくガッツポーズなどしたということにつきましてご報告さしあげます。

続きを読む

受験レポート:Reading編

各位、お疲れ様です。

先日エントリーを書いていたらうっかり何かの拍子に全て消えてしまったためにげんなりとしたため、しばらく休暇をいただいておりました。

今では一体何を書こうとしていたかのレベルで失念し、気持ちも前向きになりましたので、久しぶりに受験レポートを書いてみようという次第でございます。

続きを読む